1月度クラブレース

シリンダーヘッドを外したエンジン


1月15日(日)10:00-12:00
参加者:私と渡辺クルーのダブルハンド
コース:湾内
天候、風向風速:晴れ、北西 中風から強風
結果:6艇中着順4位、修正3位

今日は3か月ぶりのレース参加となりました。写真の通り、わが艇のエンジンは故障し、シリンダーヘッドが外された状態で修理は1月末までかかるとのこと、従って今回はマリーナ所有のJ24で出場することになりました。
土曜日から練習しようと思いましたが、あいにくの雨なので断念しました。日曜日はいい天気でマリーナ内は静寂そのものでしたが、いざ出艇してみると8-10m/secの中風以上のコンディションです。
スタートは操船がやり易いため、第一線でいい位置からできました。大型艇のオアシスと絡みながらついていこうと思いましたが、わが艇は左海面へ、オアシスや他の艇は右海面へ、このコースが上手くなく、結局トップだったのが赤ブイ回航時は4位へ転落、ツブリコ回航時はジブセールの形状が悪いのも災いして5位に転落しました。最終レグ何とか挽回を試み何とか着順4位でフィニッシュ、修正は3位と言う結果になりました。
今回の反省は、1レグのコース取りで、左海面へ行ったのは失敗でした。また風が落ちると読んでいたのですが、一向に落ちずジェノアを選択したのもミスでした。ミスはあれど渡辺クルーは初めてのJ24で、いい経験になったと思います。
今年度から終了後には弁当を食べながらのパーティーをやることになり、3年前まで続いていたスタイルに戻りつつあります。やはりレース仲間とレースを振り返りながら、各艇のコメントを聞くのも面白く、ようやく通常に戻りつつあるのを実感できました。来月はエンジンの修理を終え、土曜日みっちり練習し上位入賞を目指します。


J24

スタート直後

1レグ

パーティー

成績


12月度クラブレース

黒いほど風が吹いている海面


12月18日(日)
参加者:私と渡辺クルーのダブルハンド
コース:DNF
天候、風向風速:晴れ、北風の強風

エンジントラブルに見舞われたわが艇は、結局簡単な修理では終わらず吸排気弁の異常と推定され、更なる分解調査が必要とのことで、最悪はエンジンを下ろしての大修理となるそうです。早期に解決して、来年1月からは通常にレース参加できることを願うばかりです。

土曜日はあいにくの冷たい雨、特に準備もできないため読書して過ごしました。日曜日はどのみち自分の船では出れないのでマリーナ所有のJ24で出場するつもりでした。しかし、予報は強風で昼近くにはさらに吹き上がるとのこと、慣れない船で渡辺クルーが怪我をしても困りますし、また風が吹き上がった時に艇が破損する恐れがあるため今回は出場を断念しました。
時間があるため渡辺クルーにも手伝ってもらいキャビンの掃除を行いました。普段見過ごしていた汚れも取れ、すっかりきれいになりました。しかし、高齢の年末船底掃除はエンジン故障のため順延ですが、これも毎年一人ですが、渡辺クルーにも手伝ってもらい念入りに行えるため、そちらに期待します。
ここ2か月レースができず、来年1月もエンジンの修理次第と言うところがあり心許ない限りです。コロナ前はどんな台風以外の天候であろうと皆レースをやってましたが、残念ながらコロナで一変してしまいました。真のパンデミックではなく、インフォディックによりこうなったことにも意味があると思われますが、未だ答えは見えません。

今年の成績は11回中4回出場で総合3位、天候不良で中止になったこともありますが、来年は何とか全部出場できるよう業務の調整をし、コロナ騒動を憂えることなく練習をさらに充実させ、いいレースができるよう心がけます。


マリーナ内の強いブロー

年間順位


11月度クラブレース

雨模様


11月20日(日)
参加者:私と渡辺クルーのダブルハンド
コース:ノーレース
天候、風向風速:雨、強風注意報発令

日曜日の予報は雨なので、土曜日の練習はみっちりやろうと思い出艇したらエンジンの回転数が2千回転までしか上がらず、排気口から黒煙が出ています。練習どころではないためすぐに引き返しマリーナスタッフに相談、プロペラに何かが絡んでいる可能性があるとのこと、潜って確認する必要があります。スタッフにウェットスーツを借りて自分がもぐることにしました。思ったより水温は低くなく助かりましたが、それでも冷たいのは変わりありません。プロペラ回りには特に異常は認められず、何かが絡んでいるわけでもありませんでした。スタッフのアドバイス通り、フォールディングプロペラのプロペラのギア部に貝がついている可能性もあるため数回プロペラの開閉動作をして終了としました。
日曜日は朝から雨ですが、風は穏やかです。艇長会議の際に「強風注意報が出ている」とのこと、東の風の際は山が遮るためマリーナ内は風の影響がありません。レースメンバーの一人が英虞湾の人で、すでにかなり時化ており、危険であると言っていたため、ノーレースとなりました。
来月はエンジンの確認を万全にし、土曜日しっかり練習し本年最後のレースに臨みます。


穏やかなマリーナ内

潜水作業


10月度クラブレース

スタート


10月16日(日)10:00-12:30
参加者:私と渡辺クルーのダブルハンド
コース:湾内
天候、風向風速:曇り、北~南東 微風から中風
結果:6艇中着順3位、修正2位

久しぶりのレース出場、土曜日はジェネカーも艤装して練習しました。ジャイブ練習で巻き取らずにジャイブする方法を試したのに上手く行きません、以前は上手くやれてたのに不思議に思ってわが艇をメンテナンスしてもらっているプロの水越さんに確認したところジェネカーのセットのしかたによりジャイブ方法が変わるとのこと、ようやく理解できました。
土曜日の夜は雨が降ったものの、日曜日は雲はあるものの晴れており、6艇の参加です。スタートはフリーでのスタートでしたが上1番で久しぶりのいいスタートです、運がいいことにところどころブローがあり、気付いたら最初の赤ブイはトップ回航です。しかし変則的な北東の風にも関わらず、回航後のレグを長くとったため、3艇に抜かれる羽目になり、ツブリコは4番手になりました。回航後すかさずジェネカーを展開し再び抜き返し最後の赤ブイは2番手で回航しました。順調に最終レグを航走してましたが、ゴール直前にラル(無風地帯)に捕まり、ものすごい勢いでブローに乗ったビーナスに抜かれ6秒差で着順が3位になってしまいました。
結果的に6艇中着順3位、修正2位で終わりました。何といっても最初の赤ブイ回航後のコースミスが痛かったので、次回以降フリーの場合は要注意とします。あとはたいしたミスもなく上手く行きましたので、来月のレースも上位入賞を目指します。


1レグ

3レグ

最終レグ

成績


9月度クラブレース

朝の幻想的な風景


9月18日(日)台風14号接近に伴いノーレース

6月出場以来、今月で3ヵ月連続レースできずの状態です。今月は台風なのでやむを得ないのですが、エンジン制御基板を交換したため、その確認のためにマリーナへ行きました。数回起動発停をし、正常に発停できることが確認できました。

せっかくマリーナへ来たので、非常に蒸し暑くもあったので久しぶりにロッジに泊まりました。ここは大自然の中のマリーナであり、時折季節を問わず素晴らしい景色を見ることができます。土曜日は終日雨、今朝も雨でしたが時折晴れ間が見え、また雨が降り出すと言った具合ですが、一瞬晴れた状態のまま雨がざっと降り、とても幻想的な風景になったのですかさず写真を撮りました。ロッジの部屋は窓に向かって長椅子があり、そこから風景を眺めて楽しむことができ、飽きることがありません。
来月はレース開催を祈念し、しっかり前日に練習して臨みたいと思います。


あいにくの雨