2020年3月~4月第2回農作業ボランティア

2020.4.4(土)
8:00~10:00

3月~4月 第2回目の農作業ボランティアです。
本日も天気が良く気持ちの良い日でした。
4月新しく入社した原田さんも初めての農作業ボランティアに参加され皆さんと楽しく作業されました。

<参加者>
 ★安藤・石川・漆橋・原田(幸) 計4名


集合写真


<作業内容と参加者の感想-1>
〇今回、機械を使った種まきを行いました。
手でまくのは以前やったことがあるのですが、機械を使ったのは今回が初めてでした。
機械を設置して、その機械に種もみと土をセットした後、そこにあらかじめ土を入れていた育苗箱を水に浸して順次流してゆく。
言葉にすると簡単そうですが、種もみ、土、育苗箱が途切れないように流すのはなかなか大変でした。
育苗箱を水に浸すのが間に合わなかったり、土がなくなってしまったりしてしまいました。
このように、なかなかうまくできなかったですが楽しかったです。(漆橋)



<作業内容と参加者の感想-2>
〇田植え機械にセットする苗を育苗するにあたり、籾の種まきと覆土と発芽用の温室への移動を行いました。
今回は機械蒔きでしたが、機械にセットするに当たり、全自動ではないので、運転中は目を離すことができず、緊張の連続でした。
農作業の機械化がすすんでいるとはいえ、まだまだ人の管理・監督が必要であることを知らされました。(原田(幸))


2020年3月~4月第1回農作業ボランティア

2020.3.28(土)
8:00~10:00

3月~4月 第1回目の農作業ボランティアです。
 本日は天気も良くて気持ち良い日で楽しく作業が出来ました。

<参加者>
 ★久間社長・伊藤・夏目・山田 計4名


集合写真


<作業内容と参加者の感想>
〇稲の種まきをやりました。
苗を作る最初の作業で、土が入った箱を水に浸し、種を機械でまき、鎮圧するまでの作業です。
155箱実施、初めての作業で勉強になりました。
ありがとうございました。(伊藤)


本日予定完了


〇機械での種まきを行いました。
土を田んぼの水につける作業と、機械で種をまいて土をかぶせる作業の手伝いをしました。
この日から発芽まで、水をやらなくても芽が出るそうです。
150ケースくらいの量を行ったので,
トラックの荷台がいっぱいになり達成感がありました。(夏目)


2019年10月~11月第4回農作業ボランティア

2019.11.2(土)
8:00~10:00

10月~11月 第4回目の農作業ボランティアです。
 本日は刈取った稲をはざに掛けるはざ掛け班とサツマイモ堀りの二班に分かれて作業をしました。
 天気も良くて気持ち良い日で楽しく作業が出来ました。

<参加者>
 ★山本・安藤・ジェイソン (はざ掛け班)
 ★杉浦・榊間・鈴木(サツマイモ掘り班) 計6名


作業開始前集合写真

はざかけ班一同

<参加者のコメント>
小学生以来のサツマイモ堀りを本日行わせていただきました。最初のころはスコップでイモを切ってしまうことがありましたが、時間がたつにつれなくなっていきました。
脚のケガの痛みが気にならなくなるくらい集中していたと思います。
また、最後にサツマイモのつるの植え方について学ばせていただきました。機会があれば役立てていきたいと思いました。本日は有難うございました。(杉浦)


芋ほり作業開始前

大きな紫いもです

カマキリの卵

たくさんの芋が収穫できました

芋づる式にとれました

収獲後の畑

本日はサツマイモ堀をおこないました。芋は畑に紅はるかなど4種類ほど植えてありましたが私たちはパールスイートという紫芋を掘りました。収穫した芋は市場に出す他は野菜セットにして送られるそうです。
今年はトンコレラのせいでイノシシも死んでしまったそうで例年だと柵をしないと作物を食べられてしまうのが今年はしなくても良かったそうです。食物は色んな苦労があって私たちの食卓に届くのだという事があらためてわかり感謝して食べないといけないなと感じました。(榊間)


2019年10月~11月第3回ボランティア

2019.10.26(土)
8:00~10:00

10月 第3回目の農作業ボランティアです。
本日は稲刈りと刈取った稲を束ねる二班に分かれて作業をしました。
前日までの雨で地面がぬかるんでいて足元が悪く大変苦労しました。

<参加者>
★漆橋・渡辺・三島・南里・山本瑞・山田・久間紀・リチャード・クリスチャン・チュン(10名)


集合写真


稲刈り前

稲刈り-1(カマで刈り取っています)

稲刈り-2(カマで刈り取っています)

<参加者の感想>
本日は稲刈りと刈り取った稲を紐で結ぶ作業でしたが、私は稲を結ぶ作業を行いました。最初はうまく結べず緩んでしまいましたが、段々とうまく結べるようになり嬉しかったです。天気も良かったので作業もしやすかったです。(三島)


刈り取った稲を束ねています

前日までの雨で地面がぬかるんでいるので刈った稲を梯子に乗せて運びます

稲刈り後


刈り取った稲のはざかけをしています


<参加者の感想>
本日は前日までの雨で足元が悪く作業がはかどらないと思いましたが、人手が多かったので予定作業を終えることが出来ました。最後は稲を束ねたものをみんなで手渡ししてはざかけをしました。(南里)


2019年10月~11月第2回ボランティア

2019.10.19(土)
8:00~10:00

10月 第2回目の農作業ボランティアです。
先週は台風19号の影響で農作業ボランティアは中止でした。
本日は田んぼのヒエ刈りを行いました。

<参加者>
★谷口正人・谷口のり子・石川・杉山・不破(5名)


集合写真


<参加者の感想>
本日はヒエ刈りを行いました。台風や大雨の影響によりぬかるみがひどく作業は難航しましたが、草をつかみながら前へ進みました。
米作りの大変さを痛感すると共に、改めて米一粒一粒のありがたみを実感し、頂いた野菜と共に食べ物は残さず食べようと思いました。(不破)


先週までに刈り取られた稲

ヒエ刈取り中


休憩中です


ヒエ刈取り中

雨でぬかるんでいます

<参加者の感想>
収穫前の田んぼの雑草とヒエ刈りを行いました。稲刈りの時にヒエが混込まないように行う作業です。ヒエは稲より草丈が高くて見分けがつけやすく、田んぼの中のあちこちに生えていました。

雨が降った後の田んぼは粘土のような泥沼で、長靴が20㎝以上も埋まって抜けなくなってしまい2m先のヒエまでたどり着いて数本のヒエを取るにも大変な苦労をする状況でした。

農家の方は、このような大変な作業を日常的に行っておられるのかと思うと、毎日何不自由なく純白のごはんが食べられる有難さを改めて感じました。農家の方には本当に感謝、感謝です。(杉山)


ビフォーアフター(作業後の風景)